ノートPCに新たな流れが

ノートPCに新たな流れが

このノートPCですが、今新たな流れがやってきました。
それはアップル社が2010年に発売したipadです。このタイプはタブレット端末と呼ばれています。
このipadは今までのコンピュータの概念を覆したもので、操作するキーボードの部分がなく、操作はすべてiphoneと同様、画面のタッチパッドで行うものです。

ということから、画面だけの筐体で、重量も軽く、今までのモバイルノートPCよりもさらに手軽にインターネットなどを楽しめるようになったのです。
指で操作するタッチバッド式の操作なので、PCの操作に疎い人たちがこれに殺到しました。年配や女性の方など、感覚的な操作でコンピュータが扱えるという新たな可能性を切り開いたのです。

このアップル社のipadはあっという間に全世界で爆発的なヒット商品となり、多くの他メーカーも追随しました。
現在では、Googleが開発したOSアンドロイドを搭載したタイプのものとアップル社のipadの2つが主流となっています。
これらタブレット端末の爆発的なヒットにより、従来のノートPCに売れ行きが激減。そのため、これに対応するため、今までの二つ折りタイプのノートPCを操作部と液晶画面部がセパレートにできるものや、画面部をスライドさせてタブレット端末のようなスタイルにし、操作も同様にできるものまで発売されるようになりました。

そして最新のOSマイクロソフト社の「Windows8」は、このタブレット端末の操作性も兼ね備わったOSとして発売され、その操作方法はスマートフォンと同様に急速に普及しました。

    Copyright(C) 今更聞けないPCの初歩の初歩 All Rights Reserved.